FC2ブログ
2009.07.21

すごい雨の中考えた

昨日はすごい雨でした雷も、鳴りっぱなしな感じ
落ちないけど、不吉にゴロゴロ~ゴロゴロ~、遠くでド~~~~~ン(落ちてるよ)

近くで、ドギャ~っとやられると、まじで固まる36歳ですが、
この程度なら、大丈夫。
てゆーか、

雨音が激しすぎて、雷様もかすんでました

というわけで、思う存分おこもり。

朝からデコって(笑)
息抜き2の、マキシ丈OP作りに入り…

頭の中で、くるくると考え事

してたら、ちょっとした突発仕事が発生、(ガス漏れ警報勘違いで、警察、消防まで。。。管理仕事してる場所がらみ)


翻弄されつつも無事。


そんな風に過ごしてたら、衣装で煮詰まってた事が
一段階ほどけてきた。
次に広がる程度にだけど。

そうなったきっかけは↓



「現場」というか「現実」という事。いつも大事にしたい事。今の目の前。
をまず警察&消防事件でふと思い直し。


夢や、空想は、いくらでも広がる。けどそれを全て今すぐ現実に実行できるわけじゃない。
というのをデコしたり、一枚の布をワンピースにしあげていく過程で思い。


人間もそう。(の続きで)
一人一人、現実に存在し、形あり、心あり、目あり、耳あり、…エンドレス
頭の中に存在してるわけじゃなく、そこにいる、手で触れる、というのを強く意識し。


自分の体にあわせてワンピをつくりながら、
既製品だとここまで私だけを考えて服つくってくれないよな~って思い。


深夜の世界水泳ですごい衣装をみながら
普段の服と、衣装の違いをあらためて見直し、その効果について思いをはせ


衣装案を手描きしてるうちにふと…… 抜けた。なんか頭の中の栓みたいなのが。


理解してもらえる自信、全くないのに書いてます。あはは。


私の中で、それらがつつつつつーーーーーーーっと滑り抜けて行き、
栓を「ポ」と抜いて去って行きました。



そしてすごい雨は、私の想像力をかき立て、
なかなか浮かばなかった作品名を浮かばせてくれました。
雨はやんだ深夜のバスタイム(まただ…)での事でした。





余談


大事に大事に何かに集中してると、
びっくりするくらい意固地になってしまっている時がある。
それ以外のものが、私にとっては、有害物質に見えてしまって。

でも、その位の集中が、非常に重要な役割を果たすときもあるし
非常な邪魔をしてしまう時もある。
だから

壊れないよう、バランスよく、漂わなきゃなって思います。

私自信が壊れないように…。
(気が狂うんじゃないか、とふと我に返って不安になる事が…あるので。笑)
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する