FC2ブログ
2009.05.14

整骨と宝石岩盤浴と…

本日は整骨

初めての宝石岩盤浴(バイオマット)をしてもらいました。
といっても、岩盤というより、固めのマットのひいてあるベッドに寝て、
おなかの上にも固めの小さめマットを乗せて、一部を、はさまれて寝てる感じで
そのマットには、アメジスト(紫水晶)、トルマリン、麦飯石、ゲルマニウム、ヒスイ、アルミナ、ブラックシリカ、ケイ素などのエネルギーや波動が含まれ、遠赤外線の効果付き。という感じ。
むぎめし…って?
麦飯石(ばくはんせき)でした。←クリックしたら内容見れます。

汗の出方は岩盤浴と似てる。

温かさは、こっちのが高い。

おなかの中の冷たさを感じつつ、50分。
最終的には、私には珍しく、芯の芯まであったまって、
当分汗が出続ける

素敵…

今日はずっとあまり冷えません。嬉しい。

そして、そのバイオマットのある部屋は壁一面本棚になっていて、
なんだか面白そうなのが一杯

私の目を釘付けにしたのが、これ↓
20090513232734.jpg 10分以上みつめまして。



バイオマットの後に、先生に整骨してもらうんだけど、思わず、
「気になる本が~!」と訴え、
治療後に見せてもらい


かつ、


前から気になっていた骨盤の事を、ストレッチの形とともに説明したら

この本と、
骨格標本の骨盤(実際に触った!嬉しい)
ちっさい骸骨全身標本(この二つが出てきて、超楽しい気分になりました。欲しい…)
を元に
解析してくれて、

やっぱり~

という結論になり
(股関節と骨盤の関係。今まで色々な人に相談してきて、やっと、なぞが解けた。
 個人的な「つくり」の問題。ちなみに、みんなそれぞれ骨格って、基本的には一緒だけど、
 微妙にはたくさん違います。)

しかも、超わかった。
今まではただ、股関節と骨盤の具合がちょっとおかしいん「だろうね」って事だったのが
目の前で骨盤見ながら、
ここと、ここの、長さとか角度の問題が~って。

ああああああああああああ スッキリ


人間の体って、本当に、基本的には一緒。
だけど、細かい違いは本当にいっぱいある。
私は、それを色んなシーンで、実感した。

悔しい思いもいっぱいした。
理不尽な事(あくまでも、私にとっては、です)を要求されたり
無理矢理やらされて、ひどい怪我をした事もある。
それ以上に、そういう事で、
自分に腹が立ったり、嫌だったり、むかついたり。
何もわからなかった頃は、そういう感情が、とても、ひどく、すごくひどく心にあって、苦しかった。

だって、自分で自分の体の事、何一つわかってなかったから。

でも、今まで経験してきた事で、ちょっとずつ、ちょっとずつ、わかった。

もちろん「できなきゃいけない」時もある。
無茶な頑張りも、やったからこそ、できるようになった事もある。
でも、
どうやっても、できない事だって、ある。
それを、理解してもらえない事なんて、一杯、ある。

自分だって、わかってない。と思うし。
人の事なんて、わかるわけがない。思いやれても、完全に理解なんてできない。
逆に「わかる」と思う時の方が、怖いかも、と、私自身は思う。



とにかく、


本当に、人それぞれに、できる事、できない事、あるよね。
がんばれば、できる事もあるし、
がんばってもできない事も、ある。
やり方、見方を変えれば、あるいは時が違えば、何かが変われば、
できないと思ってた事ができるようになる事だってある。
(人間の体は常に変化してる。だって、血、流れてる、呼吸してる。
今吸った息と、さっき吸った息が全く同じだとは思えない。
血は、止まってない。細胞は生まれ変わったり、してる。内蔵も脳も動いてる。)
でもやっぱり、どうしてもできない事だってある。
でも

勉強したり、努力して、理解したり、解析したり、しながら
その人なりの、できる事は、無限にいっぱいある。
その人にしか、できない事も。百人いれば、百通り。

だから、自分をよく見て。本当によくよく、見ること。
内側からも、外側からも、筋肉からも、骨からも、血管からも、内蔵からも、皮膚からも…色々。
そして、知る事。

それが全て、とは言えないけど、
それは大事な一つ。
だとは言える。と思う。


個人的な見解です。
今後変わる事だってありえます。

でも、私は、体の勉強は、ずっとしたいなと思ってます。



そして、整骨の先生が、この本を貸してくれて、読んでます~
えっと、正直なとこ、多分、気持ち悪くなっちゃう人がいると思うので
あまりおすすめはしませんが、
体、中身の組み合わせとかにまで、興味のある人には、楽しめると思います☆

後で、先生の奥様が、
「興味がある本ってどれだろうと思ってたらそれだったのね~」って
にこにこ…

さすが先生の奥様。

怖いと思う人には、とっても怖い本かもですよ~。これ…。
スポンサーサイト





この記事へのコメント
読んでて何度もうなずいた(笑)
そして、なんかスッキリしたよv-21

解剖学の本ウチにもあったけどね・・・
ドコに行ったじゃろ(^^;
Posted by クララ at 2009.05.14 11:52 | 編集
はぁい、クララv-222ありがとう~

こういうこと、書く時って、いろんな側面から読めちゃうから、
緊張しつつ書いてます(笑)
ついつい、いろんな状況を考えて、あっちの見方からこっちの見方から
なるべく偏らないように、発言しようとして、長文に…あはは(汗)

だから、コメントあるとほっとするv-252

すっきりしてもらえて良かったv-354ありがとう。
解剖系の本って、高いんだよね~。
まぁ何度も出番あるから、いいんだけど、買うまでが、悩む。
Posted by hero at 2009.05.14 15:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する