FC2ブログ
2005.10.26

我ながら。。。

昨日の日記はなぞだな~。
読んでみると超あやしい感じ。時々ルビー目線で書くのもいいかも。

今日は午前中から音をつついておりました。
気がついたらジムに行く時間!わぉ!

というわけでジムに行ってきました。そこのジムは何と20日ぶり。わぉ!

帰ったらやたら疲れてて爆睡。

もう何だか何をする元気もなくTV鑑賞。
体を休ませるためには最適の小道具ですね。TVって。

ずーっと音と構成をやってるので、あんまり動いてなくても太りません。
脳みそ使いすぎて糖分しっかり使ってるのね。
しかしもちろん体には悪い。

なぜそこまでするのか。

父も母も疑問に思うようです。。。ので答えを書き真ス。
母が昨日ぽろっと言った言葉。
「音楽が主役じゃないじゃろ~、踊りを見てもらうんじゃけん、そこまでする必要がどこにあるん?音楽なんてgfdsds...(以下自主的に略)。完璧主義すぎるんじゃないの?」
かなり「いらっ」とする言葉もあったのですが、それは省きます。
それに私の体を気づかって、ってのもあると思いますから、完全に悪意ではないです。
でもこの辺りの私の考えはしっかり言っておきたい。理解されなくていいから。
知っておいてくれればいいから。

私自身はお金はもらえません。

でもお客様はお金を払ってます。


私達はそのイベントに来ていただくためにお金をもらってるんです。
そしてそれらは経費になるんです。裏方さん、場所、装置、チケット、フライヤー。
そしてその人達は私達が少しでも素敵に踊れるように力を貸してくれるのです。
だから俺らはお金出さずに踊らせてもらえるわけです(練習する場所代とかは別ね)。
と言う事はちょっと遠回りだけどプロなわけです。
いくら素人のやるイベントだとは言っても、そんなのは関係ないです。はっきり言って。
私はそういう風に割り切って適当なものは見せたくない。

次に

私は振付けして踊っていただくんです。

(自分も踊るけど。本当は振付けしたものには出ない方がいいけど、帰広後、初舞台で、いろいろな事があるので出ます。初めて俺の振り踊るって人もいるし)
ダンサーとして、いい加減に編集されたり、選曲されたり、振付けられたりしたものを「無料」でやらなくてはいけない事。それって、最悪だよ~。だってお客さんに見られるのは自分だよ!その振付家が責任とってくれるわけじゃない!
じゃあ作るんじゃねーよ。と先生に対してさえ思う時もあります。
(でもお金払うから作ってやって下さいよって事で追いつめられてって事があるにしても)
出ていただけるダンサー(チームも自分も含め)に対してそんな事してたら、おいらなんてもう振付けさせてもらえなくなるさ、そりゃ。
ダンサーに振付けする時はやっぱり冷静にダンサーの目で自分を見てるし、、、
「完璧」にできなくても、「完璧な努力」は惜しめないです。
自分のやりたい世界を皆の助けによって表現させていただくわけですから。

そして

本番直前にダンスの神様、舞台の神様に堂々と胸をはって「事故のないようお守り下さい。見て下さい。」って言えるものがやりたいんです。
私は本当に舞台やイベントや、ストリートパフォーマンスや、TVや、いろんな場所で踊りました。
無料のものもあれば、お金を出して出させていただくもの、逆にお金がもらえるもの、いろいろと。
その度にどこでもいつもそういう感じを感じるんです。
そういう場面を見守ってる何か。
を。怖い事じゃなくて。
ただ勝手に私が神様、と呼んでるだけで、
それはもしかしたらただ「厳しさ」の雰囲気なのかもしれない。
人前で何かを発表する大切さ、怖さ、楽しさ、緊張、喜び、とかいろいろあるけど、舞台の場所にはかならずそういう緊迫感がある。
そしてそれにきっちりむかっていけるのは、やっぱりこうやって頑張ってるからだと。

何か整理しきれてない感がありますが、私がどうしても
「まぁ~こんなもんでいいか」と思えないのはやっぱり
「自分のやりたい演出の中にこんな音があっていいわけがない!」これですね。
機材も普通の人よりちょっとましなだけで、特別な機器があるわけじゃない。
だから頭使いますさ。どうやったらこれがうまくツナがるか、この空白も1秒6じゃ長いから、1秒5くらいにしてみよう、とかさ。
人にお願いできない理由もこれ。

おいら、弱いから、人に手間かけさせてると思うと、いくらお金払ってても、
あぁいいよ~それで、とか言っちゃうんだよね。それがいけないとこなんだが。
だってコンマ何秒の単位でやってるの、一回間違えてつなげちゃったりしたら後で大変な事になるんだよ~。この辺り、お手伝いしていただける勇気のある方がいると嬉しいな、とは正直なとこ思って真スが、みつかりません。まだ。。。

とにかく、一番大好きな事をするのに、一番努力しなきゃ嘘でしょ!

というわけで体調管理を気をつけつつ、今はこれに全てを注ぎますぅ!この話は今後もツナがる予定あり。ですが、、、もう眠い。寝ま~す。
スポンサーサイト


この記事へのコメント
その気持ち、すっごくよくわかりますぅ~~~!
プロとして妥協は許されない、というか、自分自身が許さない。

そこらへんは、自分の技術で何かをやってきたことのない人にはわからないかもね。
もちろん、悪意がないことは十分わかった上ですよ。
わかってないから、体の心配にしか目が行かない。

でも、きっと私も子供に対してはそうなるかもねw
親って、そんなもんです。。。

昨日の日記は、ハテナがいっぱい浮かびましたが、書き込みするヒマがなくてほっときました(爆)
今からコメントします。
Posted by ゆっきぃ at 2005.10.26 15:26 | 編集
正解書いときました。

こういう事ってやっぱり理解してもらう事は難しいんだけど、理解してもらえないからと言って妥協はできないんだよねぇ。
だから主張だけはする!

今日はまったりしようと思ってるのに、やっぱり音をつついている俺でした。
といってものんびりやってます。
Posted by hero at 2005.10.26 15:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する